本文へスキップ

横浜創学館高等学校ラグビー部OB会は創学館高等学校とは直接関係がありません。

TEL. 045-781-0631

〒236-0037 横浜市金沢区六浦東1-43-1

活動規約

規約は毎年更新されます。

横浜創学館ラグビー部OB会規則

 

1条(名称) OB会は「横浜創学館ラグビー部OB会」と称する。

2条(所在地)本OB会の活動は、代表者居住地を本拠地とする。また、活動の内容によっては、横浜創学館に本拠地を移す事もある。

3条(目的)本OB会は、横浜創学館ラグビー部の発展と、部員の人間形成の援助を行うとともに、OB相互の懇親を主たる目的とする。

4条(対象)本OB会は、横浜創学館および横浜商工高等学校ラグビー部卒業者を対象とし組織する。ただし、部長、監督、コーチ等も就任中は準会員として会員資格を与える。

5条(行事)本OB会の目的を遂行する為、以下の活動を行う

(1)  夏合宿への参加および援助

(2)  広報紙発行およびホームページ運営

(3)  OBによる懇親試合

(4)  総会

6条(会費)本OB会は、2000/人・年の会費によって運営するものとする。

第7条(担当)本OB会運営のため、以下の担当を置く。担当者は原則として運営委員会で指名し、会長が任命するものとし、原則として兼務できないものとするが、本規則第8条運営委員会で認められたものはこの限りではない。また、代表者と会計、幹事は運営の効率化の観点から兼務可とする。

(1)  会長

(2)  副会長

(3)  代表者

(4)  会計

(5)  幹事

第8条(運営委員会)本OB会の運営に関する事項を協議・検討するため運営委員会を設置する。構成委員は本規則第7条担当者および、運営委員会の決議により必要と認めたOB会会員とする。

第9条(運営委員の任期)原則として総会から総会の1年間とするが、諸事情により総会の開催が不可能であった場合は、次回総会まで継続とする。その運用は運営委員会で決定する。

第10条(担当の役割)本規則第7条に定める担当者の主な役割は以下の通りとする。

(1)  会長・・・OB会を統括し、運営委員会の長としてOB会全ての活動に関与する。

(2)  副会長・・OB会において会長を補佐し、円滑な運営に努力する。

(3)  代表者・・OB会の実務を担当し、各種通知、広報活動、運営の庶務を行う。

(4)  会計・・・OB会の資金運営管理を行う。

(5)  幹事・・・代表者を補佐する役割を担う。

第11条(担当者の解任)本規則第7条の担当者について、運営委員会で著しく不適切と判断され過半数を得た場合は、解任する事ができる。また、担当者本人の都合により、辞任の申し出があった場合は、運営委員会で認めた場合に限り受理する。

第12条(補欠補充)本規則第11条により担当者に欠員が発生した場合は、運営委員会により協議し、必要と認められた場合は補充を行う。ただし、任期満了まで2ヶ月以内の場合は補充を行わない。

第13条(執行)本規則の執行および、変更は運営委員会での決議を経た後、会長および、代表者の押印を必要とする。

第14条(更新)本規則は原則として1年毎に会長および、代表者で確認し、両者の押印をもって更新を行う。

第15条(解散)本OB会の解散は運営委員全員の賛成および、OB会会員の過半数の賛成を必要とする。

第16条(解散の通知)OB会を解散した場合は、郵送若しくはホームページにて遅滞なく会員に通知するものとする。ただし、郵送による通知は、名簿に記載があり、且つ住所等に変更がなく連絡可能な会員に限るものとする。

 

 

 

上記OB会規則について、内容に相違ない事を正式に認めます。

                         平成25年1月10日

 

会長                代表者

   小笠原 信篤  印       鏑木 尚  印

  

横浜創学館高等学校ラグビー部OB会

〒236-0037
横浜市金沢区六浦東1-43-1

TEL 045-781-0631
FAX